事例:入札情報の通知ツール

Share

自分のための開発ですが、参考までに事例として紹介させていただきます。

作業内容

いろいろなところで案件の入札が行われていると思います。それらの入札情報は定期または不定期で更新されることが多いと思います。普通は、自分で入札情報が掲載されているサイトを見に行ってどのような入札案件があるのか確認すると思います。

これって、結構手間がかかると感じませんでしょうか?私の場合、個人で仕事をしているのもあり、忙しいとすっかり忘れていたりします。

そこで、入札情報の確認ツールを作り、新しい入札案件があれば、メールで教えるようにしました。
 

 

今回の要求は次のようなものです。

  • 余計なコストをかけたくないので、新たにサーバーは設置しない
  • 確認先のサイトは一箇所であり、定期更新されるので、更新日の翌日に確認を行う
  • 入札案件は、カテゴリーのような形で分類されているので、各カテゴリーごとに更新情報を取得する

 

作業内容の検討

サーバーを設置せずに、気軽にこのようなツールを作る方法を考えたところ、GoogleのGoogle Apps Script (GAS) を使えばよいと考えました。

GAS はGoogleアカウント(gmailのアカウント)を持っていればGoogleドライブから使うことが出来ます。多くの場合、Googleドライブのスプレッドシート用のマクロを記述するために使われますが単独でも使うことができます。さらに、定期的にスクリプトを実行してくれる機能や、Webサイトへのアクセス機能、メールの送信機能、など今回必要なものが一通り揃っています。

 

処理は週一回の起動ですが、Webサイトに負荷をかけないように配慮しておきます。

 

作業結果

スクリプトを作成後、下図のように毎週決まった曜日の決まった時間帯に動作するように設定します。

 

当日になると、下記のようなメールが送られてきます。


 

指定したカテゴリ別に新しい案件があったかどうかを記載してくれています(上記のサンプルは一件もなしでした)。

 

終わりに

ほんのちょっとしたことですが、これだけでずいぶんと便利になりました。やってみて気づいたのは、毎回、入札情報を確認しても手間はたいしてかからないのですが、『確認する』ことを覚えておくのが負担になっていたということでした。メールで確認結果を送るようにしたので、日々のメール確認作業に作業がまとめられ、こうした負担がなくなったのは大きかったです。