使い方

Share

型番リーダーの使い方

大まかな使い方は、『はじめに』 をご覧ください。以下では、機能別に説明をします。

● 撮影時

  • ファインダー枠の移動

ファインダー枠の中央付近をタッチすると、枠の色が青色に変わります。この状態で 指をずらすと、枠を好きなところに移動できます。

  • ファインダー枠のリサイズ

ファインダー枠の枠線付近をタッチすると、枠の色がマゼンダに変わります。この状態で指をずらすと、枠の大きさを変更できます。

  • 撮影

シャッターボタン(シャッターボタン)を(短く)押します

  • オートフォーカスの実施

シャッターボタンを長く押します。オートフォーカス中は、ファインダーの枠線が黄色になります。オートフォーカスが成功すれば、枠線が緑になります。一方、失敗すれば枠線が赤色になります。

  • オートフォーカス後の撮影

シャッターボタンから指を離せば撮影されます

  • オートフォーカス後の撮影のキャンセル

シャッターボタンから指をずらして、ボタンの無いところで指を離せば、撮影されません

  • 画像の反転

黒に背景に白い文字の場合は、画像反転ボタン(画像反転ボタン)をオンにして撮影します
(いくつかのOCRエンジンは白背景に黒文字を前提にしているためです)

 

● 撮影後の確認

  • 編集

テキストボックスにタッチして、直接編集してください。

  • 結果の送信

共有ボタン(共有ボタン)を押してください。デフォルトではクリップボードに結果がコピーされます。ボタン押下時の動作は、設定画面から変更できます。

  • 結果の破棄

キャンセルボタンを押してください。

  • 結果の送信先を一時的に変更

共有ボタンを長押ししてください。送信先選択画面が表示されます。

 

● 設定

  • 設定画面呼び出し

menuキーを押してください。撮影画面、確認画面のどちらからでも呼び出せます。

  • 設定内容

各設定項目の内容は次のとおりです。

 

項目名 内容
WeOCRサーバーのアドレスを設定
WeOCRサーバーのアドレスを指定します (通常は変更する必要ありません)
WeOCRサーバーのCGIパスを設定
WeOCRサーバーのCGIのパスを指定します(通常は変更する必要ありません)
結果の送信先を設定 共有ボタン押下時の結果の送信先を選択します。現在は、クリップボード、e-mail、Google検索、が指定可能です。
e-mailの送信アドレスを設定 e-mailを選択した場合に宛先として使われるアドレスです。指定しなくても構いません。
読み取り結果を送信するURLを設定
未使用
OCR読み取り結果
送信内容です。常に有効です。
日時
送信内容です。処理を行った日時です。
画像
送信内容です。ファインダー枠内の画像を送信します。現在は、e-mail選択時のみ有効です。
緯度経度
送信内容です。撮影した場所の緯度経度を送信します。

設定画面のキャプチャイメージは下記のようなものになります。

設定画面0

設定画面1